「嫌われる勇気」を読んでみた

最近、心理学に興味があって、そういった分野の本も手に取るようになりました。

その中の1つが、「嫌われる勇気」という本です。

この本は、けっこう人気がでた本で、メディアなどで取り上げられることも多かったので、すでに読んだという方も多いのではないでしょうか。

「嫌われる勇気」では、アドラー心理学の考え方をわかりやすく紹介してくれています。アドラーは、フロイト、ユングに並び、心理学の三大巨頭とされていて、世界中で注目されている思想の1つなのです。

この本の中では、青年と哲人の会話によって物語が構成されています。

悩める青年が、哲人にアドラーの思想を教わりながら、なんとか悩みを解決しようとするのですが、アドラーの思想を実際に自分の中に取り込むことが難しいところもあり、毎度話が白熱してしまいます。

アドラーの思想で、代表的なものをここで1つ挙げるとするなら、この世界は非常にシンプルであるということ。なのに、人間はどうしても自分で物事を複雑にしてしまっているということが書かれていました。

私も思い当たる節がいくつもあります。

人間関係があまりうまくいってないという方には是非おすすめしたい1冊です。皆さんも是非読んでみてください。

サッカー熱は、4年に一度だけだけど

サッカーワールドカップ、日本が出場するとなっても、あまり興味がわきませんでしたが、ベルギー戦での敗戦まで、なんだかんだ楽しませてもらったなあと感じています。誰が選ばれたのかも、ろくに分からなかったけれど、コロンビア戦での冒頭での先制で、がらりと気分が変わってしまうのですから、ホントにわかファンでごめんなさいって感じです。

でも、ベルギー戦での敗退決定後ピッチを叩く昌子選手や泣きじゃくる乾選手はとても印象に残りました。胸を打たれるものがあります。長谷部選手の代表引退や、本田選手も最後のワールドカップということで、今後、またどんな選手が出てくるのだろうと心配な気もしますが、協会は、4年後に向けて若手選手の強化をはかってほしいと、にわかファンでも思わずにはいられません、スポンサーやいろんなしがらみに関係なく、また、活躍できる選手が出てきてくれるといいですね。

吉田麻也選手が長谷部選手の代表引退にあたって涙している姿が印象的でした。ここまでみんなが認めたキャプテンもいないのかもしれないですね。

私は、長谷部選手、大好きだったのですが、結婚された相手が、あまりにも好きではない方だったので、最近では好印象はなかったのですが、日本代表においては、本当に支柱だったのだなと、吉田選手の涙をみて感じました。いつか長谷部japanをみてみたいです。

記事を書いてるひとの名前を確認して全部を確認してみること

インターネット上にはいろんなことが書かれている。いわゆるコラム記事とかなどもそのうちの1つなのだが、インターネットを閲覧していると、誰かが書いた口コミが拡散して悪い方向へ向かうことが多々ある。

実際にそれがデマになって拡散してることもあるし、フェイクニュースやヘイトスピーチなどもそのうちの1つだ。さてそれらのインターネット記事を見る際に注意するべきことは、執筆者名を確認して、その人の記事をほとんど全部眺めてみることだ。というのは人間というのは得意分野とそうでもない分野があるし、なんだかよくわからないが、その人の考えが何度もいろんな形で繰り返される傾向がある。

例えば住宅を購入しようといろんな人のコラム記事を読んでみることにする。そうするとある人は分譲マンション推進派だったりするし、別の人は戸建住宅派だったりなどを見出すことができる。

いずれにしても記事を読む際にはそれらを念頭にして読まないと、その人の主張に飲み込まれてしまいかねないので要注意だ。よくニュースを見る際はいろんな1つの新聞社や放送局だけを見聞きしないで、ほとんどすべての新聞社や放送局を見聞きしろというのは、1つの考えに飲み込まれて洗脳されないようにするための1つの対策だからだ。

時計のような花、トケイソウを育てています

私は植物を育てるのが趣味で、小さな庭でいろんな野菜や果物、木などを育てています。植物は手をかけるとそれに応えてくれる感じがするし、日々成長が分かり、育て甲斐があります。

今は梅雨ですが、雨の日が続くとびっくりするくらい大きなキュウリができたりしてとても面白いです。我が家ではそのキュウリを、おばけきゅうりと呼んでいます。

今、私が最もハマっているのがトケイソウの栽培です。トケイソウはまるで時計のような花をつける事からトケイソウと呼ばれています。花が咲くと真ん中にある3つのおしべがそれぞれ時計の長針、短針、秒針のように見える一見変わった花です。

トケイソウのおしべとめしべを受粉させると、パッションフルーツができます。私は沖縄が大好きなので、南国風な植物が大好きなんです。トケイソウの花が咲いている期間は短いです。

私はさきほど、ちょうと花が咲いているのを見付け、受粉をしてみました。まず、綿棒を持っておしべの花粉をたっぷりと綿棒に付けます。それをめしべの裏にしっかりと付けると受粉が完了します。

受粉が成功すると、花の中に小さい実が付きます。前に受粉が成功した時は、自分の子供ができたみたいで嬉しかったです。今日の受粉も成功しているといいなと思います。

水上温泉郷・うのせ温泉の旅

水上温泉郷・うのせ温泉にいってきました。

上州の北端、谷川岳の麓です。

大宮を10時過ぎに出て12時前には到着してしまうというアクセスの良さだというのに、車窓には山山山山山。

やっぱ日本の4分の3は山地だ。

水上駅からバスを乗り継いで、谷川岳ロープウェーで天神平へ。

さらにリフトを乗り継いで山頂、天神峠。

ゴンドラやリフトなんてボードで散々乗ってるというのに、いざ雪がないと膨張感がないもんで怖かったです。

谷川岳山頂へ。

天気に恵まれました。

青い空にポッカリ浮かぶ白い雲が、山裾にかかっていて雲が掴めそうでした。

臨んだ下界はまさに未知の世界。

尾根が1800mから急降下して一点に集中している。

おそるおそる身を乗り出して、ちょっとだけ見える底には巨大な茶色の丸がある。

JR上越線・土合駅、下りホームでした。

そのあと、水上温泉の温泉街へ行きました。

鄙びた感じがしてよかったです。

足湯で焼き饅頭を食べる。

旅行に来ると基本食べてばっかりなんだよなあ。

しかも美味しいものが多い。

だめだなー、ダイエットは3日も持たないなー。

でも歩いてるからいっか。

宿にチェックイン、そしたら超ラッキーなことに特別室にご招待されました。

間際の予約だったからとかなんとか、ともかくありがたい。

超格安プランで正直全く期待はしていなかったのだけれど、申し分ない綺麗さで感動でした。

旅行とかそういうのに来ると、1泊じゃ物足りない!ってなるから不思議です。

さらに風呂が最高!!

利根川にせり出す露天風呂はモチロンなんだけど、上のほうから何やら大きな音が。

汽笛がなったとき気がつきました。

線路がすぐ傍を通っている!!!

しかもそれがブルートレインだったもんだから血圧もテンション急上昇ですよ。

ブルートレイン、と星空。

利根川のせせらぎ。

源泉絶景かけ流し露天風呂。

うーん、最高。

思わず石造りの浴槽から乗り出してみてしまいました。

そしたら張り紙発見。

『屋根のある部分から外へ出ますと、客室から露天風呂内が見える恐れがありますのでご注意ください』

いやいや、こっちから思いっきり客室見えてるし。

恐れとかじゃねーだろ、恐れじゃ。

ポケモンや旅館お決まりの「The T」なんかをしながらのんびり過ごして、翌朝。

朝風呂も気持ちよかった~~

もちろん帰りの特急は爆睡。

のんびり過ごした休日でした。

日大の事件について思ったこと。追い詰められる前に逃げるべき!

つい最近、日本中で大きな話題になった日大のアメフトタックル事件。

内田前監督が、宮川選手に「悪質タックルを仕掛けてこい」と指示したのではないかと問題になっていました。

実際、これはあくまで個人的な意見ですが、井上コーチも内田前監督も「指示」はしたのだと思います。

ただ、「誰が見ても分かるような悪質タックルを仕掛けてこい」とは言わなかったはず。

おそらく、指示の裏には、『バレないように自然にな』という意味が暗に込められていたのではないでしょうか。

つまり、宮川選手が真面目すぎて、且つ精神的に追い詰められすぎた結果、あのような、誰が見ても分かるようなタックルを仕掛けてしまったのだと予想しています。

内田前監督や井上コーチからしたら、「いやいや、そこまで派手にやる…?」という感じだったのではないでしょうか。

宮川選手は、正常な判断ができないほどに精神的に追い詰められていたのだと思います。

あのタックルをしてしまうのは、申し訳ありませんが、異常です。

追い詰められた人間は何をしてしまうか分からないのだなと思いました。

もっと日頃からお互いコミュニケーションを取っていたら。そこまで追い詰められる前に誰かに相談していたら。チームのみんなで内田前監督や井上コーチに反発していたら。

「もし〇〇していればこの事件は避けられたのではないか」とばかり思います。

そして、追い詰められておかしくなってしまう前に、逃げることも一つの手だと思いました。

どんな手を使っても、現状が変わらない時はあるのです。

髪型はヘアカタログで。

最近、めっきり老けた感じがする私。

若い頃のように髪を伸ばしっぱなしでは、ずいぶんあかぬけません。

これから梅雨時期で湿気も多く髪型もイマイチ決まらない季節。

そこでヘアカタログを参考にしようと、持参して美容院へ。

美容師さんにお気に入りの髪型(ミディアムヘア)のページを見せたら、分かりやすかったみたいで仕上がりも思った通りになりました。

実を言うと私は今まで、美容師さんに髪型の写真などを見せたことはありません。

例えば人気のある芸能人みたいな髪型にしたいと思って、もしもその写真を見せてしまったら、自分はその芸能人と比較対象になってしまうようで恥ずかしい気持ちが隠せないからです。

そんなわけで、今回は美容師さんに写真を見せるという意味では、初の試みでした。

ところが、そうすることによってイメージが簡単に伝わって、これまでにないほど納得のいく仕上がりになったのです。

私は今まで何を恥ずかしがっていたんだろう?

ヘアサロンを出た後でそう思いました。

今回のことで気づきがあったので、これからは思い通りに髪型も決まるかもしれない。

そう思いました。

しかも、あれこれ言わなくても良いのでとても便利!

アップルのWWDC2018を見て思ったこと

6月5日の午前二時からアップルの開発者向けのイベントがありました。アップルのサイトからライブを見ていると英語なので言ってることはよくわかりませんが

次々と人が入れ替わりプレゼンテーションしてました。10年前にiphoneが発売されてからあっという間に全世界にスマートフォンが行き渡り使用者は何十億人

にもなってます。新しいOSは本当に人が使いやすいように工夫されて作られていますね。

apple製品を使っていて思うのは製品の連携機能が素晴らしく、アップル信者を創り出す要因にもなってます。ただの道具ではなく持ってる人の自己肯定感も高める

製品ですね。仕事では会社のウインドウズを使ってますが、macを選択できる職場が羨ましいです。

スマホは当たり前になって個人情報がどんどんIT企業に収集されてプライバシーが無くなってますが、テクノロジーから逃れる世界か、共生する社会かでは

後者の方を選択します。人類が生まれてからほんの100年前からの進歩で急速に文明は進歩しています。指数関数的に人口が増え、科学技術が発達して

倫理観や道徳観が変わっていく段階にあります。これからの10年は今までの100年に起こった進歩より大きいものかもしれません。

できるだけ長生きして未来を見届けたいですね。

寒くなったり暑くなったりで体がだるいです

最近暑くなってきたので、もう寒くなる事はないだろうと思い、バッチリ衣替えをした途端、再び寒い日が続いています。布団も羽毛布団を片付けたのに、薄い布団では明け方とても寒いです。

ずっと暑い、ずっと寒いとかなら体も慣れてくるのでしょうけれど、昨日まで暑くて扇風機がいる!という気候だったのに、今日はストーブがほしいくらい家の中が冷えています。四季があるのは良い事だけど、常夏の国に憧れてしまいます。日本は湿気が多いのも嫌です。

髪の毛が多い私はアホ毛がふわふわ出てきます。湿気がある暑さとカラッとした暑さでは、体のしんどさが全然違います。本当は衣替えを終えたケースから、長袖を出してきたいところなのですが、ケースを押入れの奥底に入れてしまったので、グッと我慢し、厚手の半袖を着ています。

こんな事を言ってるうちにまたすぐ暑くなりそうですが。私は季節の変わり目に風邪を引きやすいので、注意しなくてはなりません。すぐ喉が痛くなってしまいます。

そこで寝るときは、首にタオルを巻いて寝ています。四季のある日本は美しいのですが、なかなか暑さ、寒さに体が年々対応できなくなっているような気がします。年なんですかね。体に気をつけて日々の生活を送っていきたいです。