イヤイヤ期まっさかりなわが子の言葉

私は近畿地方から中国地方に結婚して引っ越してきました。そのため、当然ですが周りに関西弁の人はいません。みんな語尾に「~けん」がつきます。

だいぶ慣れましたが、やはり寂しいものです。しかし、関西弁を話す仲間ができたのです。それは……わが息子です!!

現在2歳の息子はイヤイヤ期まっさかり。何をするのもいや、イヤ、だめーーーです。しかしその言葉は「あかん、あかん、あかーーーん!!」です。

外に遊びに行って「帰ろうか」と言うと「あかん」「歯を磨こうか」と言うと「あかん」「おむつかえようか」と言うと「あかんあかん」です。当然、周りにこんな口調の子はいませんが、関西弁仲間ができたと、私は嬉しい限りです。幼稚園に行ったら友達の話し方になってしまうのでしょうが、今は関西弁を話してくれる時間を大切にしようと思います。

言葉を話すのがとても遅く、意味のある言葉も数語しかでていませんが、ようやく「おかあさん」を言ってくれるようになりました。

「おかーた」「おかーた」と呼ばれると、わがままも許してあげたくなる破壊力です。

イライラしがちなイヤイヤ期もとい母イライラ期ですが、「おかーた」と関西弁の「あかんあかん」に癒されつつ乗り越えようと思います。