髪を切るだけでも、決心が必要です。

今日は仕事休み。「髪を切ろう」そう決心したから、美容室に行く事にした。ほっておいた髪は肩甲骨の下まで伸びてしまった。ここまで伸びると、こまったことがでてくる。例えば、仕事で一つに結んでいると、振り返った時に他のスタッフに当たってしまう事がある事。あとは、お風呂で髪を洗うのに時間がかかる事、そして乾かすのに時間かかる事。時間と光熱費を無駄にしたくない主婦にとっては、かなり重要な問題なのだ。

ところで、よく聞かれるのが、「髪を伸ばしているの?」答えは「No」。なら、早く切ればいいとも言われるけれど、私は決心がつかないと美容室に行けない。勇気が出ないと美容室に行けないのだ。理由はシンプル、美容室に行くのが苦手だから…。たまに美容室に行けば、美容師さんに話しかけられたりするし、喋らなくても何をしていていいかわからないし、元々美容に興味がないから、渡された雑誌も興味がなかったりするし。そして最大の問題は、どんな髪型にするか聞かれても、ただ切ればいいと思っているから、困ってしまうのだ。結果、結べばいいやと思ってしまい、行かずに過ごしてしまっている。あとは予約制なのも急に行きたくても行けないし、高いし…。

でも、決心した。1ヶ月かかったけど、これから切ってくることにした。予約制ではない、安いところへ。肩まで切ってもらって、すっきりしよう!

そしてまた私は、1年ぐらい切らずに過ごすのだろう。やっぱり、美容室に行くのは苦手だから…。