笑顔の観点

レストランや製品屋君などに入ると明るくいらっしゃいませと笑顔で返してくれる方もいれば、むすっとボソッと挨拶してくる方もいる。そのお職場のレベルにも因るのかもしれませんが、最低限の見解エチケットというものはあると思います。たとえ宿屋だろうがコンビニエンスストアだろうが笑みの挨拶は最少必要なものではないかと日毎感じます。見解として働いてる以上、顧客を聞き入れる場であるのだからそのことを指しなくてはいけないのではと思います。さわやか見解をできると自然と有難うと言いたくなりますが、そっけない態度の無い見解をされると、なんなんだとツンとした行為をとってしまう。その人の行為でこちらのインプレッションも変わってしまうので、見解って奥が深く強いなぁと感じます。