アルテ10巻(大久保圭作)の感想について

主人公のアルテは貴族の身分ですが、絵描き(職人)を志望して、師匠のテオに弟子入りして住み込みで紆余曲折を経ながらも働きます。今巻ではスペインの貴族イレーネの肖像画を描くように依頼されます。アルテは懸命に肖像画の下書きを完成させ、イレーネに気に入ったものがないか尋ねますが、特別気に入るものはないと言われてショックを受けます。

しかし、イレーネの滞在先であるアルテのかつての生家の隠し部屋で眠っている姿を発見したことや、師匠のレオに依頼人が気に入るような絵が描けないことへのヒントを得たこと等をきっかけに、イレーネの生い立ちや素性などをもっと深く知りたいと思うようになります。

そして、ちょっとしたイレーネの従者の勘違いから、イレーネの素性は王女でカタリーナであることを知り、アルテが政敵などに狙われて危険な目に遭わないよう肖像画の制作の依頼を断られます。しかし、アルテはカタリーナが納得するような肖像画を描きたいと依頼の続行を申し出るところで終わっています。

アルテはカタリーナが満足できる肖像画を作製することができるのか、師匠のレオとの関係性に変化は生まれるのかなど今後の話の展開に目が離せず楽しみです。

赤ちゃんと遊んでくれる3歳。

最近、ズリバイでの移動が更に活発になってきた生後七ヶ月の赤ちゃん。

ママや3歳のお姉ちゃんがいるところに、一生懸命ズリバイして移動します。

このズリバイがかなり早いこと早いこと。

流石男の子、身体能力はかなり高そうです。

移動できるようになると少し困るのが後追いです。

私は赤ちゃんが昼寝しているときに料理をしますが、どうしてもタイミング悪いときは3歳の娘と一緒にテレビを見せながら、家事をします。

3歳の娘はそれで大丈夫ですが、赤ちゃんはまだそこまでテレビに夢中にならず、二十分くらいで飽きてしまい、キッチンのママに向かってきます。

赤ちゃんの侵入防止の柵が、家の構造上つけられなかったので、キッチンまでノンストップできてしまいます。

キッチンまできたらリビングに運ぶ、を繰り返しています。

しかし、最近になって3歳の娘が赤ちゃんと上手く遊んでくれるようになりました。

机やカーテンに娘が隠れて、簡単なかくれんぼをすると、赤ちゃんは大喜びで笑います。

3歳の娘も、赤ちゃんが喜ぶと連鎖して喜ぶので、一石二鳥です。

赤ちゃんと遊んでくれるかは娘の気分次第なのですが、タイミングがあうとテレビをみせることなく家事が進むので本当にありがたいです。

おさかな天国な雲見に行ってきました。

1月13日は静岡の雲見というところでダイビングをしてきました。雲見は洞窟がたくさんあって魚や生物を見る以外にも地形を楽しむことができます。今回の雲見での私の目的はクマドリカエルアンコウの白と黒、ニシキフウライウオを見つけることでした。しかし、クマドリカエルアンコウの黒は10分くらいかけて探しましたが、見つけることができませんでした。

クマドリカエルアンコウは2cmくらいの大きさで、白は岩と色が違う為比較的見つけやすいけれど、黒だと目立たないので難しいのです。写真撮りたかったなぁ。それだけは残念でしたが、あとのクマドリカエルアンコウ白とニシキフウライウオは見つけて写真に収めることができたので良かったです。

でも、まだまだカメラの技術がない為、ピンボケしちゃったりして上手に撮れません。カメラの技術も磨かねばいけませんね。洞窟の中ではキンメモドキがウジャウジャいて、ライトを当てるとキラキラ光って、とても幻想的な光景を見ることができました。他にもヒョウモンダコや、大きなクエがいました。

あとは可愛いウミウシたち。アオウミウシだらけでした。色々な魚や地形を楽しむことができて、とても楽しいダイビングになりました。次はどこに行こうかな?。早くダイビングがしたいです。

つばめグリルで彼氏とランチしてきました

最近彼氏ができたので、デートをすることが多いのですがこの間つばめグリルに行ってきました。彼氏はあまり歩くのが好きではないので、近場でいいや~みたいな感じだったのですが、それにしても外食が好きな人でこれで痩せられたら確かにすごい!って感じですね。

まぁ、ハンバーグステーキを好き放題食べていてそれはそれで幸せなのかな~なんて思いましたけど、食事指導とかされるという話なのに、全然改善する気なし。早死にしそうな気がしちゃいます。なんだか付き合うのが面倒になってきました。

私は外食は少なめな人間なので、どうも彼氏のお金の使い方とか食事のこととか気になって仕方ないんですよね。そんなに家で食事するのも大変ってわけでもないのに、なんで外で食べるかな~みたいな。ファミレスとかが大好きみたいなんですけど、そんなに美味しくもないしな~とか。そろそろ付き合い方とかあれこれ考えるところに来ているのかな?なんて思う毎日です。

ま、デートしているうちは楽しいのですけどね。恋人どまりかなぁなんて思ってしまいます。ま、とりあえず自分としてはつばめグリルに行って前から食べたかったホタテ貝のクリームコロッケが食べられてよかったな~って感じです。

近頃はすぐに注意報通知が来るからウンザリ

最近毎日のようにスマホに通知がくるので、なにかと思って見てみると、天気予報アプリからの「乾燥注意報」。

わかってるって!冬ですから湿度低いのは当たり前です。

正直だから何?って感じでウンザリします。

近頃はこういう天候に関する注意報がやたら多いんですよね。

夏場は熱中症注意報だの高温注意報、秋はなぜか雷注意報が多かったです。

正直、昔に比べそんなに変わっていないと思うのですが、うるさい人が増えたり、天候の変化に瞬時に反応できない人が増えているのでしょう。

乾燥注意報はじゃあどうすればいいのかというと、結局室内なら加湿器などを使って湿度をあげる、外出時はマスクでもして鼻・口周りの保湿に努めるぐらいです。

別に注意報でなくても毎日やってますけど。

そんなに通知がうっとおしいならアプリ解除すればいいのでしょうけど、天気予報アプリは緊急時に役立つのです。

特にゲリラ豪雨には効果的。降る5分ぐらい前にお知らせして、けっこう高確率で当たります。

買い物に行こうかと思ってたときに通知が来て、様子を見てたら本当にゲリラ豪雨がきた!というのがもはや日常茶飯事です。

また、台風時には警報も通知されるので、通勤通学時の判断にもなります。

便利なアプリではあるので、あまり自分にとって役に立たない通知がきても仕方ないのかなあと思っています。

ハンドブレンダーかミキサーかで悩んでいます

最近、手作りドレッシングに興味があります。

塩・砂糖・香辛料・油・酢を使った基本のドレッシングなら今でも簡単に作れます。

しかし、それでは物足りません。

特に興味あるのは、野菜を使ったドレッシングです。

タマネギやにんじん、キャベツなどなど・・・。

これらの野菜をドレッシングにするには、さすがに機械の力を借りないと難しいです。

そこで小さいキッチン家電の購入を検討しているのですが、何を買おうか悩んでいます。

できるだけ場所を取らない物を・・・と考えると、第一候補はハンドブレンダーです。

これは最近出てきた家電ですね。

手で持って、容器の中に材料を入れて、ハンドブレンダーをスイッチオンすれば潰したり混ぜたりしてあっという間にドレッシングや野菜ジュースなどができちゃう代物。

用途は限定されますが、ドレッシングを作りたいだけならこれで十分。

ただ、画像を見ると、意外と大きいのかな?と思うのと、実物を店頭でなかなか見かけないので大きさや使い勝手を確認できないんです。

なのでちょっと購入がとどまっています。

一方、店頭でよく見かけていいかなと思うのがスムージーミキサー。

今時のミキサーはかなり小さくなってます。

中にはオール樹脂製のものもあり、相当軽くて扱いやすい!

ただ、樹脂製だと耐久性に心配がありますけど。

コンパクトなミキサーなら、それほど場所をとらず我が家にもおけるかなあ、なんて。

実は昔、ミルミキサー持ってたんですよね。

かなり使ってました。子どもの離乳食を作ったり、肉団子の種を作ったり。

最終的に洗うのが面倒とか、結局モーターが壊れて処分したんですけど。

使いやすさという点では、コンパクトなミキサーのほうがいいのかなあ、なんて揺らいでいたりします。

迷惑メールと詐欺メール等について

どこからかメールアドレスが漏れたのか、迷惑メールがたびたび来ます。

インターネットで調べてみるといろいろな詐欺メールとか迷惑メールがあるみたいで、その体験談とかセキュリテイとが載っています。

中でも気分が悪いのが、有料動画サイトの料金が未納になっていると。

それである金額を払えと。無視しているので裁判所から書類を送ったとか。

私もたまにはアダルトも見ますが、有料の動画等は見たこともありません。

無料のも見たことがないのです。よくこういうのから有料に導かれることがあるからです。

それでインターネットで調べてみると、口コミが載っていました。

それが来た例をみると、ほとんど同じ文言です。

またこの請求してきた会社はDMMを騙った会社で、住所も本物と同じ住所だとか。

しかしそのような会社は存在していないのだと。

私が調べてみると、その本物の会社は今年に株式会社から合同会社に組織替えしたのだと。

それなのにまだ株式会社で送ってきます。

メールを開けさせて、不安にさせて金額を詐取しようとしているのかもしれません。

無視するに限ると。

それであるとき管轄の警察に相談しました。

そしてこのようなメールが来て、いまはイッツコムに言って、迷惑メールに行くようにしてあると。

すると警察の人は折角迷惑に入っているのであれば、それを開けては駄目だと。

いまは開けただけでアドレスとか住所・氏名が取られてしまうこともあるのだと。

そういうのは開けても駄目。徹底して無視するのみだと。

私は開けなければ相手も分からないのではと。

しかしいまはいろいろなメールがあるので近寄らないに限ると。

警察もこのような迷惑メールとか詐欺メールにはなかなか手が出ないのだと知りました。

私はこのようなメールは詐欺とか恐喝に該当するのではと思いますが。

警察等でどんどん検挙するとかしなければなかなかなくならないと思いました。

これからもまだまだ詐欺にひっかる人が出るのではと危惧しています。

私は最近子供の沐浴をするのに腕が疲れて腱鞘炎になっています。

今子供が四か月になるのですが、体重も増えて約八キロになりました。それで毎日沐浴をするのですがそのしているときの状態がとても腕の筋肉を使ったり手の筋肉を使ったりして行うので腱鞘炎になりつつあるんですよね。

腱鞘炎なんて中学校高校の時の吹奏楽でパーカッションをやっていた時になった以来だったのでなかなかの疲れ模様だと思います。結構八キロを毎日おぶったりするのってとても疲れます。だってお米よりも重たいんですよー。

結構体力を必要とする仕事だと思っています。それにしても私の体力はあまりないので結構毎日しんどいんですがそれでも世の中のお母さん方は毎日そのようなことをしっかりと行っておりなおかつ仕事もされている方も多いのでしっかりと私もやらなければならないなと感じているのです。

しかしそうはいってもなかなか思い通りに進まないのが育児なので何とか頑張っていますが頭の中はパニック状態天手古舞です。最近来ている服もどうでもいいやという感じになってしまってなんだかやる気が失せています、なんだかいい服ないかなーと思っている毎日を過ごしています。働いているお母さんはそんなことやっていられませんがね。働いているお母さんってすごいなと思います。

発達障害の子供と一緒に過ごす内容

“光とともに…“と言う自閉症の子どもを育てる親目線で描かれた漫画です。

筆者の体験談かなと思ってしまうほど親の気持ちが分かる内容で、光君の育って行く過程が描かれています。

後に私が知った事に、この筆者の方はこの作品を完成するまでに若くして亡くなられております。

実際には色んな親に体験談や面会を重ねて作られた作品なのです。

この夫婦の場合は旦那さんも義理の母親も元はいい人で主人公に理解があったのも良かったと思います。

又、保育所や療育施設、小学校の教員も理解があり、協力的で一緒に育てていく感じがありました。

光君が救急搬送された時に、医療従事者が光くんのパニックの様子を見て、躾がなっていないと母親を怒るシーンがあります。私も医療に従事していますが、実際にこんな先生や看護師はいるのかなと疑問を持ってしまいます。

小児科の専門でも脳や精神科の専門の医師でなくても、一通りの勉強をし実習にまだ行った人がパニックになっているか否かを判断する事が出来ずに叱責するのは若干解せないなと思ってしまいます。

色んなシーンで、色んな言葉や態度を投げかけられ奮闘、成長していく物語りです。

又続きを読んでいきたいと思っています。良い漫画です。