付き合いが長い2人がやっと・・・。

今年の10月に友達がやっと結婚した。2人は長く付き合っていて親に結婚を反対されていた。その理由は、相手が「バツイチで子持ち」という事が、私の友達の親が嫌がっていて、「結婚は、認めない。」と言っていたが、友達と友達の彼女が、親を説得して結婚を許してもらったみたいでした。それを聞いた私は「よく頑張ったね。」と思い自分の事のように嬉しくなりました。その友達とは小学校からの付き合いで、小学校も中学校も高校も同じでよく一緒に遊んでいた。中学では、私はバスケットボール部でからは、バドミントン部だったので、体育館の場所の取り合いなどで言い合いの喧嘩も良くしていた。

そのような仲なので、何かの縁があると感じている。今度、友達と友達の奥さんとで、食事に行く事を誘いました。私も嬉しかったのですが、「食事に行く。」という約束をすると、結婚する2人もとても喜んでくれたので、自分で思うのもおかしいかも知れませんが、「良いことをしたなぁ。」と思いました。その二人との思い出も沢山(食事以外でも、一緒に広島に車で旅行に行ったり)あるので、2人が結婚したことが自分の事のようにとても嬉しいです。奥さんの方も「バツイチで子持ち」という事もあるので、「今度は私の友達と長く続いてほしい」と願っている。

外国産の豚や牛は安心と安全で大丈夫と言う事が当たり前になって欲しいです

近くのスーパーへ行って昼食と夕食の食材を買って来ました。3人分で1500円でした。お昼はビーフンにしようと言う事で豚バラと白ネギを買ったのですが、白ネギが安かったのです。1本58円でした。何時もの半額に近い価格です。そして国産豚バラ切り落としが100グラム当たり218円ほどでそれでも豚バラ切り落としがグラム200円を超えると豚も高くなったなぁと感じてしまいます。国産豚バラこま切れはグラム128円ほどで安いのですがここはビーフンなのでバラが良いと思い買ったのです。

大手スーパーですからアメリカ豚肉もついでに言うとアメリカ牛肉も売っていますが安全であると思われるらしいですが、我が家は国産肉と決めていて買っています。これは風評被害にはならないもので当然として売り場に置いてあるのでそれで上手く行っているようです。実際何が問題化と言うと養育する時豚たちはエサを当然食べるのですがアメリカの業者さんはエサも一緒に育てているとか聞いた事があります。

日本の場合安全であると言われていてもスーパーやコンビニなどの小売りの業者さんの売れ残りが集められて豚達のエサになっているところをテレビで見ました。食の安全と言う事がもっと論議されてアメリカの豚もその他の国の豚も大丈夫と言う事が当たり前になれば、安い外国産の肉を買うことが出来るので良いなと思ってしまいます。それには消費者が声を上げなくてはならないのかと思うのです。

風呂にのぼりたいようです

保育箇所で泣かない1歳児は、母親の自転車での送迎で、通園しています。すると、その保育箇所の通園湯船が残るようなのです。おんなじ住居でも、その保育箇所を並べるほうがいて、通園湯船を利用しています。
すると、夕暮れ、ほかのキッズを届けに、通園湯船がやってきます。そこに、保育箇所のドクターがのっていて、通い始めたばかりの1歳児の講話を、自転車で先にかえった母親に喋りて掛かるみたいでした。
すると、子どもが、「ゆうまも、ゆうまも」というのです。保育箇所の湯船に乗って、いよいよ、保育所に行きたいというのです。とっても、驚かされます。
その30代のアベックが、あまりにも貧窮で、クルマも無く、どこにもいかないことに原因はあるのではないかと思ってしまう。

何かを削っているのでしょう

都会だと、駐車料金が2万円もする。再度、保証金という方法があるようです。5万円の保証金は、帰っては欠けるのではないでしょうか。モータープールがマキシマムケアもいらないしいいのですが、建物を建てないとそれを借りる第三者がいません。
月々の2万円と、保証金は、モータープールを借りられないことを意味するのか、モータープールの空は多いです。中には、広大自家用車で、2机分のモータープールを借りておる太っ腹もいらっしゃる。建物は、プレミアムではないので、何かを削っているのでしょう。
駐車料金が安くならない以上、自家用車は売れないのではないかと思ってしまう。30家庭あって、借りているのは、たったの2軒だけなのです。
生涯も必然的に変わってきます。

無事に運動会が終わってほっとしています

小学校の運動会が無事に終わりました。

役員だったので、前日のテント張りありの当日の準備や監視ありの片づけありの大変でした!

役員は障害物リレーがあるんですが、私は出場をまぬがれたので昼はのんびりと思っていたけど、他の手伝いがあるとかで結局昼ごはんは家に帰って食パン食べてまたすぐ学校へ行きました。

学校から遠い人はもう朝から場所とってテント張って(自分ちの)テーブルとイスをすたんばってお弁当も持ってきて校庭で食べるのだけど、うちは学校から近いので自転車や徒歩で行ってます。

だからお昼も家に一度帰って食べてまた午後の部に行く感じなんですね。

今年もそのつもりでしたが作る暇もなく、食パンにハムはさんでかじってまた自転車で学校へ。

夫はカップ麺を食べてあとからまた来ました。

せめてコンビニででも買っておけばよかったです。

他の役員はお弁当が出るんですけど、私のやってる役員はないんですよね。

ドラゴンボールのキャラ弁はなかなかよくできたと思います。

記念に写真撮っておきましたが、子供が帰宅してからの感想は特になしでがっかりです。

こっちからどうだった?似てた?とぐいぐい行きましたが、似てたと言ってましたけど反応はいまいち。

そのまますぐ居眠り始めたので相当疲れたようです。

高学年になると競技だけじゃなくて手伝いもあるし準備もあるし体力的にもだいぶ疲れるようですね。

私も子供もすごくがんばりました!

笑顔の観点

レストランや製品屋君などに入ると明るくいらっしゃいませと笑顔で返してくれる方もいれば、むすっとボソッと挨拶してくる方もいる。そのお職場のレベルにも因るのかもしれませんが、最低限の見解エチケットというものはあると思います。たとえ宿屋だろうがコンビニエンスストアだろうが笑みの挨拶は最少必要なものではないかと日毎感じます。見解として働いてる以上、顧客を聞き入れる場であるのだからそのことを指しなくてはいけないのではと思います。さわやか見解をできると自然と有難うと言いたくなりますが、そっけない態度の無い見解をされると、なんなんだとツンとした行為をとってしまう。その人の行為でこちらのインプレッションも変わってしまうので、見解って奥が深く強いなぁと感じます。

私の為に断った出張が気になって仕方ない

昨日旦那がいつもより早めに帰ってきて、ご飯を一緒に食べたいたら旦那が「出張言われたけど断ったよ。大阪に2週間もだったし」と言い出しました。私は「2週間も?きついかな」と言ったものの、気になって仕方がないんです。

出世に響くんじゃないかとか、給料が左右するんじゃないかとか。

今まで1日だけとか会わない日とかあったんですが、2週間は私が不安だし、寂しがりやなのに2週間もなんて考えたら。旦那もそう思って断ったんでしょうが、やはり気になります。

皆さんは普通に「行ってきなよ」と言うのかな。テレビとか観てたら当たり前な家庭もあるし、でも会社側からしたら率先力にはならないと見做されますよね。

なので、私の風邪も治ったっぽいので、ちゃんと出張の話しようと思っています。

そう思うと出張ぐらいで2週間は長いとは思いますが、ギャイギャイ言うてたらダメだな。と反省しています。旦那が会社行ってから帰って来るまで知らない街でひとりぼっちですが、足を引っ張ってはいけない気がして。

良い嫁ならしっかりしないといけないと思っています。断らしてしまった旦那にも申し訳ない気持ちが心残りです。自分の弱さわ改めて知りました。ちゃんと話し合いしようと思っています。

家族で遊園地!すごい混んでました。

家族で遊園地に行ったのですが、

予想外にめちゃくちゃ混んでいてとても大変でした。

前売り券を購入しておりましたので、入場はスムーズだったのですが

入ってからはどこも長蛇の列!

飲み物を買うにも行列、トイレに行くのにも行列、もちろんアトラクションに並ぶのも行列。

こんなに混んでいると思わなかったので本当に予想外!でした。

もちろん楽しむことは出来ましたが、さすがにどこも並んでしまう時間のほうが長いので後半はちょっとヘトヘト気味。

途中雨が降ったこともあり、アトラクションが何個か中止になってしまったので

人気にあるものがどんどん混雑していくという悪い流れになってしまっておりました。

それでも従業員さんはしっかり笑顔で接客してくださり、出来るだけ多くのお客様を乗せようと必死になってくれましたので

長蛇の列でもとくに乱れることもなく並ぶことができました。

小さい子には気遣いなどもあり、予想外に混んでしまいちょっと下がっていたテンションも最後には笑顔で帰ることができました。

やはり接客でこんなに違うのだな~と感じましたし、楽しいか楽しくなかったかというのは従業員さんによっても大きく変わるのだと

改めて感じました。

雨の中笑顔の従業員さんは素敵でした。

今度は晴れている日に行きたいな!

狭いミュージアム

私は、アート作品を見ることが好きなのですが日々の忙しさにまずまず博物館へ行けません。書斎でピクチャーブックなどを見て、本物を見たいなあと思っています。そんな中で強みを見つけました。それはターミナルなどで展示されておる、好みのみなさんの作品にさわることです。
ずいぶんの作品ぞろいで見ている方も興味深いだ。仕事帰り疲れていても、絵などが展示されていると立ち止まって見ていしまう。そうやって見ていると町中に美術がたくさんあることが気がつきます。
駅前のプランにタイルでモザイク挿図が作られていたり、自宅の中にオブジェが置いてあったり。いつかそういうものを見ながら、散歩するのも良いなと思っています。だいぶ良い手法と出会えそうです。