いざ、日本の近所台湾へGO

私が中学生の頃6年くらい前、台湾(台北を中心に)家族みんなで行ってきました。

それはもう初めてがいっぱいで日本とはまた違った雰囲気を醸し出しています。

例えば、標識やコンビニの看板の文字が漢字だったりです。

いろいろな台湾の名所へバスツアーで連れて行ってくれるので

安心してお任せできました。

面白かったのが、かなり熱そうな鎖(それも火を焚いてある上においてある)

を店員さんがいとも簡単にそのまま素手で10秒くらい手に取って

握りしめたではありませんか。

そのあとすぐにおそらく買ってほしいでしょう小瓶に入っている

火傷に効く薬を手のひらにササッと塗って拍手。

その火傷の薬、小瓶で一万円はするそうで店員さんが

実演販売していたのです。ニキビにも効くというので

せっかくだからと家族と検討して購入に至りました。

怪しい感じでしたが、そこで飲んだジャスミン茶は香りが高くとても美味しかったです。

更に、夜になったらいよいよお待ちかねの小籠包の食べ放題。

これがまた良くできていて、箸を入れると中から肉汁がレンゲの上であふれるのです。

食べてみたら、ジューシーな肉とともに食欲をそそる生姜がアクセントとなっていて

臭みもなく、日本人でも食べやすいので衝撃でした。感動です。

ただ、気がかりなこととしてせっかく台湾に来たのに

ローカルな方たちともっと会話しておけばよかったと

感じます。お店の方、日本語が上手でフォローしてくれまくりでしたし。

そこだけが経験できなくて残念でした。

今回の旅はグルメがメインの親切な方々が沢山いる大満足な台湾での旅行でした。

また行きたいです。