外国産の豚や牛は安心と安全で大丈夫と言う事が当たり前になって欲しいです

近くのスーパーへ行って昼食と夕食の食材を買って来ました。3人分で1500円でした。お昼はビーフンにしようと言う事で豚バラと白ネギを買ったのですが、白ネギが安かったのです。1本58円でした。何時もの半額に近い価格です。そして国産豚バラ切り落としが100グラム当たり218円ほどでそれでも豚バラ切り落としがグラム200円を超えると豚も高くなったなぁと感じてしまいます。国産豚バラこま切れはグラム128円ほどで安いのですがここはビーフンなのでバラが良いと思い買ったのです。

大手スーパーですからアメリカ豚肉もついでに言うとアメリカ牛肉も売っていますが安全であると思われるらしいですが、我が家は国産肉と決めていて買っています。これは風評被害にはならないもので当然として売り場に置いてあるのでそれで上手く行っているようです。実際何が問題化と言うと養育する時豚たちはエサを当然食べるのですがアメリカの業者さんはエサも一緒に育てているとか聞いた事があります。

日本の場合安全であると言われていてもスーパーやコンビニなどの小売りの業者さんの売れ残りが集められて豚達のエサになっているところをテレビで見ました。食の安全と言う事がもっと論議されてアメリカの豚もその他の国の豚も大丈夫と言う事が当たり前になれば、安い外国産の肉を買うことが出来るので良いなと思ってしまいます。それには消費者が声を上げなくてはならないのかと思うのです。

風呂にのぼりたいようです

保育箇所で泣かない1歳児は、母親の自転車での送迎で、通園しています。すると、その保育箇所の通園湯船が残るようなのです。おんなじ住居でも、その保育箇所を並べるほうがいて、通園湯船を利用しています。
すると、夕暮れ、ほかのキッズを届けに、通園湯船がやってきます。そこに、保育箇所のドクターがのっていて、通い始めたばかりの1歳児の講話を、自転車で先にかえった母親に喋りて掛かるみたいでした。
すると、子どもが、「ゆうまも、ゆうまも」というのです。保育箇所の湯船に乗って、いよいよ、保育所に行きたいというのです。とっても、驚かされます。
その30代のアベックが、あまりにも貧窮で、クルマも無く、どこにもいかないことに原因はあるのではないかと思ってしまう。

何かを削っているのでしょう

都会だと、駐車料金が2万円もする。再度、保証金という方法があるようです。5万円の保証金は、帰っては欠けるのではないでしょうか。モータープールがマキシマムケアもいらないしいいのですが、建物を建てないとそれを借りる第三者がいません。
月々の2万円と、保証金は、モータープールを借りられないことを意味するのか、モータープールの空は多いです。中には、広大自家用車で、2机分のモータープールを借りておる太っ腹もいらっしゃる。建物は、プレミアムではないので、何かを削っているのでしょう。
駐車料金が安くならない以上、自家用車は売れないのではないかと思ってしまう。30家庭あって、借りているのは、たったの2軒だけなのです。
生涯も必然的に変わってきます。

無事に運動会が終わってほっとしています

小学校の運動会が無事に終わりました。

役員だったので、前日のテント張りありの当日の準備や監視ありの片づけありの大変でした!

役員は障害物リレーがあるんですが、私は出場をまぬがれたので昼はのんびりと思っていたけど、他の手伝いがあるとかで結局昼ごはんは家に帰って食パン食べてまたすぐ学校へ行きました。

学校から遠い人はもう朝から場所とってテント張って(自分ちの)テーブルとイスをすたんばってお弁当も持ってきて校庭で食べるのだけど、うちは学校から近いので自転車や徒歩で行ってます。

だからお昼も家に一度帰って食べてまた午後の部に行く感じなんですね。

今年もそのつもりでしたが作る暇もなく、食パンにハムはさんでかじってまた自転車で学校へ。

夫はカップ麺を食べてあとからまた来ました。

せめてコンビニででも買っておけばよかったです。

他の役員はお弁当が出るんですけど、私のやってる役員はないんですよね。

ドラゴンボールのキャラ弁はなかなかよくできたと思います。

記念に写真撮っておきましたが、子供が帰宅してからの感想は特になしでがっかりです。

こっちからどうだった?似てた?とぐいぐい行きましたが、似てたと言ってましたけど反応はいまいち。

そのまますぐ居眠り始めたので相当疲れたようです。

高学年になると競技だけじゃなくて手伝いもあるし準備もあるし体力的にもだいぶ疲れるようですね。

私も子供もすごくがんばりました!