海水浴は最高!!ただし…

夏になると必ずやることがあります。それは海水浴!子ども2人を連れて、片道40分かけて車で海に出かけます。海に行く前にはスーパーでお昼ご飯、飲料、おやつを買い込みます。海に着いたら、ポップアップテントを開き、シートを広げ基地を作ります。

水着はあらかじめ着てから行くので上の服を脱いで水着姿になって、浮き輪をふくらませます。子どもたちはこの時から海に入りたくてソワソワ。急いで浮き輪をふくらませたら、いざ海へ!

まだ子どもは小さいので浅瀬で浮き輪でプカプカ。そのうち「ちょっと深くまで連れて行って」とおねだりが始まります。しかし、ここで問題が。私は泳げないのです。子どもたちの浮き輪に捕まり、必死に足をばたつかせるのですが、波のせいか私のバタ足が下手なせいか、一向に前に進まないのです。

自分ではすごくいい感じで泳いでいるつもりなのに、ただ体力だけが消耗されてしまい、結局あまり深くまでは行けません。子どもたちは少し不服げですが、我慢してもらっています。

いつかスイスイ泳いで子どもたちを遠くまで連れて行けると信じて、毎年海水浴でバタ足の特訓しています。そのうち子どもたちの方が泳げるようになり、逆に私が連れて泳いでもらう日が来るかもしれません。

どうやって生活するかを考える

あと3週間、3万円で過ごします。1週間1万円の計算です。なぜなら残高から考えてそうなるから、です。ちなみに、この金額の中にはライフラインと家賃は含まれておりません(家賃は当たり前ですが)。食費(おやつ含む)と、交際費(定期以外の交通費含む)と、日用品、もちろん服などの雑貨も含めた金額です。おそらくあと半年くらいはこの状況になると予想されます。

なぜなら、支払いがあるから、です。いろいろな方が思うことでしょうが、返済ってきついです。最低金額で返済していたら終わらないので、今年中にできるだけカタをつけると決めました。つまりは、その月ギリギリの状態になるまで返済を優先してしまっております。

これを書いている本日は、1日400円で過ごす予定です。野菜を買う日はもうちょっと高めの設定をしますけれども、はい。お世話になっているのが、スーパーの値引き商品と、それから安くて腹持ちのいい食材という現実が悲しいです。

家賃の安いところに引っ越したいけれど、そのお金を捻出するよりも返済を済ませてしまいたいです。仕事も変わりたいけれど、返済のめどがつくまではと思っています。派遣なので、時給の高いところに移ってとっとと返済したい、とも思うんですけども。

返済しなければならない状況をを作ったのは己です。決して己の物欲だとかそういうためではないのですが、自分がバカだったせいなので、致し方ありません。サクサクと返済額が減っていくのを楽しみに生活を考えたいと思います。

イヤイヤ期まっさかりなわが子の言葉

私は近畿地方から中国地方に結婚して引っ越してきました。そのため、当然ですが周りに関西弁の人はいません。みんな語尾に「~けん」がつきます。

だいぶ慣れましたが、やはり寂しいものです。しかし、関西弁を話す仲間ができたのです。それは……わが息子です!!

現在2歳の息子はイヤイヤ期まっさかり。何をするのもいや、イヤ、だめーーーです。しかしその言葉は「あかん、あかん、あかーーーん!!」です。

外に遊びに行って「帰ろうか」と言うと「あかん」「歯を磨こうか」と言うと「あかん」「おむつかえようか」と言うと「あかんあかん」です。当然、周りにこんな口調の子はいませんが、関西弁仲間ができたと、私は嬉しい限りです。幼稚園に行ったら友達の話し方になってしまうのでしょうが、今は関西弁を話してくれる時間を大切にしようと思います。

言葉を話すのがとても遅く、意味のある言葉も数語しかでていませんが、ようやく「おかあさん」を言ってくれるようになりました。

「おかーた」「おかーた」と呼ばれると、わがままも許してあげたくなる破壊力です。

イライラしがちなイヤイヤ期もとい母イライラ期ですが、「おかーた」と関西弁の「あかんあかん」に癒されつつ乗り越えようと思います。