アップルのWWDC2018を見て思ったこと

6月5日の午前二時からアップルの開発者向けのイベントがありました。アップルのサイトからライブを見ていると英語なので言ってることはよくわかりませんが

次々と人が入れ替わりプレゼンテーションしてました。10年前にiphoneが発売されてからあっという間に全世界にスマートフォンが行き渡り使用者は何十億人

にもなってます。新しいOSは本当に人が使いやすいように工夫されて作られていますね。

apple製品を使っていて思うのは製品の連携機能が素晴らしく、アップル信者を創り出す要因にもなってます。ただの道具ではなく持ってる人の自己肯定感も高める

製品ですね。仕事では会社のウインドウズを使ってますが、macを選択できる職場が羨ましいです。

スマホは当たり前になって個人情報がどんどんIT企業に収集されてプライバシーが無くなってますが、テクノロジーから逃れる世界か、共生する社会かでは

後者の方を選択します。人類が生まれてからほんの100年前からの進歩で急速に文明は進歩しています。指数関数的に人口が増え、科学技術が発達して

倫理観や道徳観が変わっていく段階にあります。これからの10年は今までの100年に起こった進歩より大きいものかもしれません。

できるだけ長生きして未来を見届けたいですね。