FA移籍は裏切り行為ではない

私が応援している、広島東洋カープから丸佳浩外野手がFA宣言した

かつて広島はFA残留を認めず、主力選手だった川口、江藤、金本、新井らがカープを去った

しかし度重なるFA移籍は確実にカープの戦力をそぎ落としていき、新井の時にはそれまでの方針を転換しFA残留を認めたのだ

もっと言えば、金本はFA残留を球団に認めてもらいたくて宣言したのだ。それでもカープは方針を変えず、金本は阪神の星野監督から声を掛けられて阪神に移籍した

FA宣言は他球団の評価を聞いて、所属した球団も含め自分の価値を知る機会なんです

では、なぜ広島からFA宣言するとファンが裏切り者と言われるのか?

広島は昔から、お金が出せない貧乏球団としてFA宣言したら残留しないというのが基本路線だった

「ファンからすれば、お金のないカープにFA宣言で年俸を吊り上げるのか!裏切り者!」という感覚

しかし、その選手が他球団の評価を聞きたいとか、移籍をする気はなくとも評価を聞く機会はFA宣言するしかない

FA宣言はカープファンとして、特に不満もない。しかし今までFA残留、選手の獲得を一切認めなかったカープの誇りは守っている

その誇りに懸けて、カープは喜んで送り出してあげよう