ソーシャルゲームは変わっていく?

もともとゲームが好きだった私は、スマートフォンを買ってからというもの色々なゲームアプリをインストールしては楽しんでいました。
しかし、プレイしている時にどうしてもネックになるのがスタミナシステム。
基本無料のゲームであっても時間があれば無限にゲームを楽しめる訳ではなく、内容を楽しむためにはスタミナを消費して初めてプレイができます。
最初のうちはスタミナを気にせずプレイできますが、ストーリーが後半に進むほど必要なスタミナが多くなり2プレイ程度しかできなくなる事もあるため、もっと楽しみたいのであればスタミナ回復アイテムを消費する必要があります。
スタミナ回復アイテムはゲーム内で手に入れられる事がほとんどですが、それも一日に手に入る数は限られています。
その方法とは別に、課金要素としてスタミナ回復アイテムの購入ができたりもするのですが、こちらはアイテムをゲットできるガチャ課金と違いあまり利用している人は少ないイメージです。

そんな、無料ではやりたい時にやりたいだけプレイできる訳ではないというシステムも最近は少なくなってきていて、スタミナシステムがなく時間の限り楽しめるゲームが増えてきています。
MMORPGのリネージュ2レボリューション、パラレルニクスパンドラナイト(パニパニ)、カードゲームのシャドウバース、ドラゴンクエストライバルズなど。

このようなゲームが増えていけばゲームが好きな社会人であっても、スタミナがあるのに仕事中なので起動できない、自由時間なのにスタミナが足りない…と、無料の範囲で楽しめる幅が狭くなってしまうことは無くなっていきそうです。
その分、どのくらいの時間楽しみ、どのくらいの時間を他のことに利用するかという自己管理がますます大切な時代になっていくのかもしれません。