時計のような花、トケイソウを育てています

私は植物を育てるのが趣味で、小さな庭でいろんな野菜や果物、木などを育てています。植物は手をかけるとそれに応えてくれる感じがするし、日々成長が分かり、育て甲斐があります。

今は梅雨ですが、雨の日が続くとびっくりするくらい大きなキュウリができたりしてとても面白いです。我が家ではそのキュウリを、おばけきゅうりと呼んでいます。

今、私が最もハマっているのがトケイソウの栽培です。トケイソウはまるで時計のような花をつける事からトケイソウと呼ばれています。花が咲くと真ん中にある3つのおしべがそれぞれ時計の長針、短針、秒針のように見える一見変わった花です。

トケイソウのおしべとめしべを受粉させると、パッションフルーツができます。私は沖縄が大好きなので、南国風な植物が大好きなんです。トケイソウの花が咲いている期間は短いです。

私はさきほど、ちょうと花が咲いているのを見付け、受粉をしてみました。まず、綿棒を持っておしべの花粉をたっぷりと綿棒に付けます。それをめしべの裏にしっかりと付けると受粉が完了します。

受粉が成功すると、花の中に小さい実が付きます。前に受粉が成功した時は、自分の子供ができたみたいで嬉しかったです。今日の受粉も成功しているといいなと思います。