日大の事件について思ったこと。追い詰められる前に逃げるべき!

つい最近、日本中で大きな話題になった日大のアメフトタックル事件。

内田前監督が、宮川選手に「悪質タックルを仕掛けてこい」と指示したのではないかと問題になっていました。

実際、これはあくまで個人的な意見ですが、井上コーチも内田前監督も「指示」はしたのだと思います。

ただ、「誰が見ても分かるような悪質タックルを仕掛けてこい」とは言わなかったはず。

おそらく、指示の裏には、『バレないように自然にな』という意味が暗に込められていたのではないでしょうか。

つまり、宮川選手が真面目すぎて、且つ精神的に追い詰められすぎた結果、あのような、誰が見ても分かるようなタックルを仕掛けてしまったのだと予想しています。

内田前監督や井上コーチからしたら、「いやいや、そこまで派手にやる…?」という感じだったのではないでしょうか。

宮川選手は、正常な判断ができないほどに精神的に追い詰められていたのだと思います。

あのタックルをしてしまうのは、申し訳ありませんが、異常です。

追い詰められた人間は何をしてしまうか分からないのだなと思いました。

もっと日頃からお互いコミュニケーションを取っていたら。そこまで追い詰められる前に誰かに相談していたら。チームのみんなで内田前監督や井上コーチに反発していたら。

「もし〇〇していればこの事件は避けられたのではないか」とばかり思います。

そして、追い詰められておかしくなってしまう前に、逃げることも一つの手だと思いました。

どんな手を使っても、現状が変わらない時はあるのです。