雷の多い地方に住んでいての感想

私の住んでいる地方は雷が多いです。多い季節は春の終わりから秋の初め頃です。そのため雷の被害が多いです。
最近はパソコンに雷が落ちてパソコン内のデータが全部だめになったとか、パソコンから火が吹き出したことがあります。
なお今は落雷予防のブレーカがあるので、それを取り付ければ安心だとのことです。ただ雷が鳴っている時は電子機器を使わない方が良いようです。
雷が鳴っている時に使えば雷の電気を拾って電子機器が使えなくなってしまうことがあるとのことです。

雷が鳴っている時に外にいる場合で、市街地にいる時は避難する建物がありますが、郊外や広い空き地だとありません。なるべく頑丈な建物か車の中に避難するのが良いとのことです。
なお大きな木のそばや、電柱及び背の高い構造物のそばには近づかないようにとのことです。落雷した時に電気が周辺に流れるためだとのことです。
避難する場所がない場合は両足を揃えてかがみ、両手で耳を塞ぐことが良いようです。雷は高い所に落ちやすいし、耳を塞ぐことによって雷鳴を防ぐことになるようです。
なお避雷針のある建物を見かけますが、避雷針は雷の電気を地上に落とすもので、雷よけではないようです。避雷針があるからと言っても安心はできません。避雷針は雷を呼びます。